「片付けは大変」から卒業しよう! 思考を変えて、片付けできない悪循環から逃れよう

LIVING

2016.12.05
アイキャッチ画像

収納アドバイザー
吉島 智美さん

気を付けているはずなのに、なかなか片付かないおうちのなか。洋服や雑貨、子どものおもちゃなどが散らかっていても「あとでやれば良いや」と片付けをついつい後回しにしてしまう人も多いのではないでしょうか。
しかし、「あとでまとめて掃除しよう」と思うとどんどん部屋が散らかりやすくなり、いざ片付けをしようとすると一苦労…。そうすると「片付けは疲れるからイヤ」といった悪循環になりかねません。

そこで、日々の生活の中で部屋をキレイに保つための、たった5つの簡単なルールを収納アドバイザーの吉島智美さんにお聞きしました。

収納アドバイザー
吉島 智美さん

部屋をキレイに保つための5つの考え方

1.ものは収納スペースに収まるだけに

本棚やクローゼット、収納ボックスなど、収納スペースに収まらないほど物が増えたなら古いものを処分したり買い物を減らすなどの努力を。

2.収納場所を決めておく

特に普段よく使うものは置き場所を決めておきましょう。何も考えずに「いつもの場所に戻す」くらいの感覚がベスト!

3.少しずつこまめに片付ける

週に1回など、まとめて片付けようとすると作業量が増えて大変。気づいたときにちょっと片付けるだけで十分です。

4.完璧に片付けないようにしない

片付いている状態を常に保とうとすると気持ちが疲れてしまいます。「ちょっと物が出ているくらいでOK」と思える心のゆとりを。

5.周囲にうまく甘える

ひとりで全て片づけをしようとするのは大変。まずは自分が見本を見せて、周囲に協力を仰ぎ、少しずつ協力してもらいましょう。

毎日完璧に掃除しなくてもOK!

片付けの最大のコツは「持ち物の数を絞る」「使ったものはその日のうちに戻す」。物の置き場所やルールなどを決めておき、ひとつ身についたらもうひとつ、と少しずつ上達するようにすれば片付けも楽しめるようになるかも。家じゅうを一気に片付けようとしないで、まずはできるところから少しずつ始めましょう。

[ お話しを伺った方 ]

収納アドバイザー
吉島智美さん

よしじま・ともみ
1969年福島県生まれ。2級建築士。片づけのプロとして整理整頓のコツを多くの人に伝授。「楽しく」「ラクに」がモットーの収納方法が、テレビや雑誌などで取り上げられている。近著に『「きれい」が続く片付けのアイディア&テクニック』(日本文吉島智美さん 芸社)がある。

pagetop