実は目のクマは3種類あった!なかなか消えないクマの原因別対処法

BEAUTY & HEALTHY

2016.12.01
アイキャッチ画像

目の下のクマのせいで実年齢よりも老けて見られる…

疲れて見えたり年齢以上に老けて見えたりと、マイナスな印象をもたらす目の下のクマ。クマがあるから、実年齢よりも上に見られる!そんな悩みを持つ人も多いのでは?「寝不足かな」と思っていつもより睡眠を多くとってみても、なかなか消えない…。それもそのはず、実はクマにも種類があり、その原因によって消す方法はさまざまです。

クマの種類① 青クマ

疲れが溜まって、目の周りの血行が悪いとできやすいクマが「青クマ」です。目の周りの皮膚を少し引っ張ると薄くなり、ファンデーションを塗ると消えるのが特徴です。

クマの種類② 黒クマ

目の周りの皮膚のしわやたるみでできる目の下の「黒クマ」は、陰が原因。鏡を見ながら顔を上にすると、クマが薄くなるので、ほかのクマと見分けがつきます。

クマの種類③ 茶クマ

コンシーラーで隠すことができ、目の下を引っ張っても上を向いても変化がないものが茶クマ。原因は色素の沈着やシミ、くすみです。

3種類の厄介なクマ! どうすれば消えるの?

3種3様のクマの原因。クマができる理由が異なれば、もちろんその消し方・対策も変わってきます。

① 青クマには“血行改善”

青クマに有効なのは血行を改善するマッサージや軽い運動で解消しましょう。温めた蒸しタオルで目の周りを温めるのも効果的です。

② 黒クマには“たるみをなくす

皮膚のたるみが原因の黒クマは、気長なケアを。アイクリームや目元用のエイジングケア用品などを活用しリフトアップを心がけましょう。

③ 茶クマには“とにかく美白”

シミ、くすみを消すには美白化粧品、色素沈着を解消するにはていねいなクレンジングが有効。

クマのケアに大切なのは、原因ごとの正しい対策。「歳だから」と諦めずに、クマのないきれいな目元をキープしましょう。

pagetop